このページの先頭です
ここから本文です

モード:『一括検証』の使い方

『一括検証』モードでは、『ガイドライン設定』でチェックしたい項目を複数選択し、Web ページをそれらの項目で一括してチェックすることができます。以下の説明を参考にして、お好みの『ガイドライン設定』を行ってください。

環境設定

検証設定

新しく開いたタブページを自動的に検証する
新しいタブで開いた Web ページを自動的に検証できるようになります。

画像

[重要] 画像に関する項目

画像の代替テキストをチェックするのに重要な項目です。いずれかを選択してください。

画像のalt属性値を表示する[JIS 5.4 a), b)]
Web ページにある画像の alt 属性値を表示します。黄色で表示された alt 属性値は特にチェックが必要です。
画像をalt属性値で置き換える[JIS 5.4 a), b)]
Web ページにある画像を全てその alt 属性値に置き換えます。

[参考] 画像に関する項目

必要に応じて選択してください。

title属性のない画像を枠で囲う
Web ページにある画像のうち、img 要素に title 属性のない画像を全て枠で囲います。
画像の幅/高さを表示する
Web ページにある画像の幅および高さを表示します。
画像のパスを表示する
Web ページにある画像のパスを表示します。
画像を非表示にする
Web ページにある画像を全て非表示にします。

[重要] 画像に関する項目

ページの背景色および文字色を変更します。

背景を黒、文字を白に変換する[JIS 5.5 c)]
Web ページの指定を無視して、背景を黒、文字を白に変換します。弱視のユーザーは画面を白黒反転していることが少なくありません。
背景を白、文字を黒に変換する
Web ページの指定を無視して、背景を白、文字を黒に変換します。モノクロでプリントアウトした状態でも、情報がきちんと伝わるかどうかを確認できます。

フォーム

[重要] フォームに関する項目

フォームのアクセシビリティをチェックします。全ての項目をチェックすることをお奨めします。

フォームのlabel要素とfor属性を表示する[JIS 5.3 b)]
コントロールと関連付けられているラベルとその for 属性値を表示します。
ラベルと関連付けられていないコントロールを表示する[JIS 5.3 b)]
label要素でラベルと関連付けられていないコントロールを表示します。
マウスに依存したコントロールを表示する[JIS 5.3 a)]
マウスでしか操作できないコントロールを表示します。

[参考] フォームに関する項目

必要に応じてチェックしてください。

イベントハンドラのついたコントロールを表示する[JIS 5.3 a)]
イベントハンドラが使用されているコントロールを表示します。
accesskey属性値を表示する
accesskey 属性で指定されているアクセスキーを表示します。
tabindex属性値を表示する
tabindex 属性で指定されている Tab キーによる移動順序を表示します。

文書構造

[重要] 文書構造に関する項目

Web ページの文書構造をチェックします。

標準規格(W3C)の仕様に存在しない要素を表示する[JIS 5.1 a)]
W3Cの勧告(仕様)にはないタグの使用箇所を表示します。
非推奨要素を表示する[JIS 5.1 a)]
W3Cの勧告(仕様)で非推奨とされている要素の使用箇所を表示します。
見出し(h要素)を表示する[JIS 5.2 a)]
h1 ~ h6 要素でマークアップされている箇所(見出し)を表示します。
ページタイトルを表示する[JIS 5.2 e)]
その Web ページのページタイトルを表示します。
新しいウィンドウで開くリンクを表示する[JIS 5.3 e)]
リンク先を新しいウィンドウで開くリンクを表示します。
不適切なリンクのラベルを表示する[JIS 5.3 g)]
「ここ」、「こちら」など、リンク先の内容が分からないリンクのラベルを表示します。
PDF, Word, Exelファイルへのリンクを表示する[JIS 5.4 e)]
リンク先に PDF, Word, Exelファイルを指定しているリンクを表示します。

[参考] 文書構造に関する項目

必要に応じてチェックしてください。

id属性値とclass属性値を表示する[JIS 5.2 b)]
id 属性および class 属性の使用箇所を全て表示します。
div要素を表示する[JIS 5.2 b)]
div 要素の使用箇所を表示します。
ページ内リンクを表示する
同一ページ内のアンカーにリンクしているリンクを表示します。
pre要素を表示する
pre要素の使用箇所を表示します。
(X)HTMLのコメントを表示する
ソースコードにあるコメントを全て表示します。

テーブル

[重要] テーブル(table要素)に関する項目

テーブルをチェックするのに重要な項目です。

データテーブル(表)の構造を解析する[JIS 5.2 c)]
データテーブルの各データセルと関連付けられている見出しセルを表示します。
テーブル(table要素)の要約(summary属性)を表示する
table 要素の summary 属性で記述されているテーブルの要約を表示します。
リニアライズ(線形化)して表示する[JIS 5.2 d)]
Web ページにあるテーブルを全て外した状態で表示します。
※iframeが利用されているページでは、firefoxが動作不能になる不具合が指摘されています。iframeのページでは注意してご利用ください。

[参考] テーブル(table要素)に関する項目

必要に応じてチェックしてください。

テーブル(table要素)のセルを枠で囲う
テーブルのセルの枠線を表示します。
テーブル(table要素)のセルに番号を付ける[JIS 5.2 d)]
Web ページ内のテーブルの順序、各テーブル内のセルの順序、およびページ全体を通したセルの順序をそれぞれ表示します。

日本語

[重要] 日本語に関する項目

日本語特有の問題および音声読み上げにおける問題をチェックします。

機種依存文字を表示する[JIS 5.1 a)]
その Web ページで使用されている機種依存文字を表示します。
不適切な日付表記を表示する
その Web ページで使用されている不適切な日付表記(例:10/9)を表示します。
不適切な時間表記を表示する
その Web ページで使用されている不適切な時間表記(例:10:30)を表示します。
不適切な金額表記を表示する
その Web ページで使用されている不適切な金額表記(例:\1,000)を表示します。

[参考] 日本語に関する項目

必要に応じてチェックしてください。

半角カナ文字を表示する
その Web ページで使用されている半角カナ文字を表示します。
不適切な可能性のある日付表記を表示する
その Web ページで使用されている不適切な可能性のある日付表記(例:1/2)を表示します。

シミュレーション

[重要] シミュレーションに関する項目

必要に応じてチェックしてください。

画像を表示できない状態にする[JIS 5.4 a), b)]
画像を非表示にした場合のページ表示に変換します(画像を alt 属性値に変換)。
アニメーション画像を表示できない状態にする[JIS 5.4 a), b)]
Web ページにあるアニメーション画像を停止します。
CSSを利用できない状態にする[JIS 5.2 b)]
スタイルシートをオフにします。
JavaScriptを利用できない状態にする[JIS 5.4 e)]
JavaScriptをオフにします。
Javaを利用できない状態にする[JIS 5.4 e)]
Javaをオフにします。
マウスを操作できない状態にする (JavaScript利用)[JIS 5.3 a)]
マウス操作をしようとするとダイアログが表示されます。

[参考] 表示の拡大・縮小

画面表示を任意の比率で拡大あるいは縮小できます。

拡大・縮小を行う
"拡大・縮小率(%)" のテキストフィールドに、最小で50から最大999までの間で任意の数字を入力してください。
このページの先頭へ▲