このページの先頭です
ここから本文です

8:2 読解が必要なページはスクロールする長いページにする

ガイドライン

重要度:5点満点中の3点、実証度:5点満点中の4点ユーザーが読んで理解するためのページは、スクロールする長めのページにすること。

解説

リンク先の新しいページへ移動させることでユーザーの思考プロセスを中断させてしまう、ということを考慮に入れて、ページ分けとスクロールさせることとのトレードオフをしてください。スクロールすることで、ユーザーは、リンクを辿るときに起こりがちなコンテンツの文脈を見失うことなく、文章を読み進めることができます。
しかしながら、読み込み時間の速いページであれば、スクロールする長いページとページ分けとの間には、ユーザーが読んで理解することにさほど影響は及ぼしません。たとえば、ある調査研究では、ページ分けしたほうがユーザーは全体的なコンテンツの説明ができて、その要旨をより覚えており、関連する情報がどこにあるのかも後で見つけることができることが明らかになりました。また、ある調査研究では、初心者ユーザーにはページ分けのほうが好まれていました。

ソース(実証となる調査研究)

Byrne, John, et al., 1999; Campbell and Maglio, 1999; Piolat, Roussey and Thunin, 1998; Schwarz, Beldie and Pastoor, 1983; Spool, et al., 1997; Spyridakis, 2000.

このページの先頭へ▲