このページの先頭です
ここから本文です

7:7 サイトマップを用いる

ガイドライン

重要度:5点満点中の3点、実証度:5点満点中の4点ページ数の多い Web サイトにはサイトマップを提供すること。

解説

サイトマップは、その Web サイトの全体像を提供します。Web サイトの階層構造を示すもの、従来からよくある目次のようなもの、あるいはシンプルな一覧のようなものがあります。
幾つかの調査研究では、サイトマップは必ずしもユーザーの Web サイトに対するメンタルモデルを改善するわけではないとしています。また、サイトマップがユーザー(あるいはそのドメイン)の概念形成に反映されなければ、そのマップは役に立たない、と報告した調査研究もあります。

ソース(実証となる調査研究)

Ashworth and Hamilton, 1997; Billingsley, 1982; Detweiler and Omanson, 1996; Dias and Sousa, 1997; Farkas and Farkas, 2000; Farris, Jones and Elgin, 2001; Kandogan and Shneiderman, 1997; Kim and Hirtle, 1995; McDonald and Stevenson, 1998; McEneaney, 2001; Nielsen, 1996a; Nielsen, 1997a; Nielsen, 1999b; Nielsen, 1999c; Nielsen, 1999d; Stanton, Taylor and Tweedie, 1992; Tullis, 2001; Utting and Yankelovich, 1989.

事例

写真:事例の Web ページ画面
拡大画像を見る

左のサイトマップは、そのサイトの情報の階層構造を効果的に示しています。
また右のサイトマップは、見出し、サブカテゴリー、そしてアルファベット順に並べていることにより、読み取りやすくなっています。

このページの先頭へ▲