このページの先頭です
ここから本文です

7:4 ナビゲーション要素を差別化してグループ化する

ガイドライン

重要度:5点満点中の4点、実証度:5点満点中の4点ナビゲーション部分を他の部分とはっきりと区別できるようにして、それらをグループ化して各ページの見つけやすい位置に一貫して配置すること。

解説

ユーザーがあなたの Web サイトの構造を学習して理解できるように、Web サイト全体で共通しているナビゲーションの仕組みを提供してください。タブ、見出し、リスト、検索機能、サイトマップへのリンクなどを一貫して配置することなどして、全てのページに同じナビゲーションの仕組みを用いてください。そして、重要なナビゲーション要素をクリックできると思うような位置に配置してください(例えば、ページ左側か右側にあるリストは一般的にリンクであると考えられています)。
ナビゲーションの要素を他の要素とは十分異なるようにデザインすることで、ユーザーはその意味および目的の違いを理解できるようになります。また、グルーピングすることで、ユーザーがナビゲーション部分を識別するのにかかる時間を短縮できます。

ソース(実証となる調査研究)

Bailey, 2000b; Detweiler and Omanson, 1996; Evans, 1998; Farkas and Farkas, 2000; Koyani and Nall, 1999; Lynch and Horton, 2002; Nielsen and Tahir, 2002; Niemela and Saarinen, 2000.

事例

写真:事例の Web ページ画面
拡大画像を見る

ナビゲーション部分がグループ化され(ページ上部に各コーナーへの入口がある)、Web サイト全体を通して一貫して配置されている。

このページの先頭へ▲