このページの先頭です
ここから本文です

6:7 適度な余白を用いる

ガイドライン

重要度:5点満点中の3点、実証度:5点満点中の4点ユーザーが読んだり検索したりするようなページでは、余白(テキストや画像などのないスペース)の面積を制限すること。

解説

テキストおよびグラフィックのある部分が画面を占める割合を "密度" といいます。ある調査研究は、密度が高いほどユーザーの情報を読み取るスピードは速くなり、ユーザーの正確さや好みには影響がないことを発見しました。また、もう1つの調査研究では、ユーザーは適度な量の余白があるのを好み、情報を検索する作業には影響がないことが明らかになりました。コンテンツ(つまり、テキスト)のあるページでは、段落を分けるのに少し余白をとってください。ただし、Web ページでは複数のアイテムの間隔をあけすぎると、ユーザーは必要以上にスクロールしなくてはならなくなります。

ソース(実証となる調査研究)

Chaparro and Bernard, 2001; Parush, Nadir and Shtub, 1998; Spool, et al., 1997; Staggers, 1993; Tullis, 1984.

事例

写真:事例の Web ページ画面
拡大画像を見る

このページは、余白を適度な量にすることでユーザーが情報を読み取りやすくしています。

このページの先頭へ▲