このページの先頭です
ここから本文です

6:6 理解しやすい構造にする

ガイドライン

重要度:5点満点中の3点、実証度:5点満点中の4点ユーザーが、ページ上の複数のアイテムの類似、相違、傾向、および関係を認識しなければならないときに比較しやすいようなページ構造にすること。

解説

ユーザーは、別のアイテムを見るために異なるページあるいは同じページの異なる場所を見ているときに、その他のアイテムを記憶しておかなくても、それら2つ以上のアイテムを比較できるべきです。

ソース(実証となる調査研究)

Spool, et al., 1997; Tullis, 1981; Williams, 2000.

事例

写真:事例の Web ページ画面
拡大画像を見る

このページのレイアウトは、ユーザーが素早く目を通して容易にデータを比較できるような構造になっています。

このページの先頭へ▲