このページの先頭です
ここから本文です

4:1 広く使われているブラウザにあわせてデザインする

ガイドライン

重要度:5点満点中の5点、実証度:5点満点中の2点最もよく使われているブラウザにあわせてデザイン、開発およびテストを行うこと。

解説

コンテンツ制作者は、全てのユーザーのうち95パーセントが快適に利用できるように配慮すべきです。Web サイトの全てのテストを最もポピュラーなブラウザを用いて行うようにしてください。

最もよく使われているブラウザに関する情報源:

ソース(実証となる調査研究)

Evans, 1998; Jupitermedia Corporation, 2003; Morrell, et al., 2002; Nielsen, 1996b.

参考


拡大画像を見る

グラフ:Google にアクセスするのに用いられた Web ブラウザ(2001年3月~2003年6月までの間)。
訳者注:2003年6月時点では、Internet Explorer 6.0 が圧倒的に多くて上昇傾向。その約4分の1を Internet Explorer 5.5 および 5.0 が占めているが、いずれも下降傾向。さらにその約5分の1程度をその他のNetscape 5.0 以上(Mozilla を含む)、Netscape 4.x、Internet Explorer 4.0、あるいはそれ以外のブラウザが占めており、いずれも横ばいか下降傾向。

このページの先頭へ▲