このページの先頭です
ここから本文です

3:2 フォームを支援技術を利用しているユーザーに配慮してデザインする

ガイドライン

重要度:5点満点中の4点、実証度:5点満点中の2点支援技術を使用しているユーザーが、フォームの入力および送信をできるようにする。

解説

インターネットを通じて収集できる情報のほとんどは、ユーザーがフォームを用いて収集します。全てのユーザーが、フォームを利用できて、ラジオボタンおよびテキストボックスのようなフォームの要素を操作できなくてはなりません。

ソース(実証となる調査研究)

Covi and Ackerman, 1995; Morrell, et al., 2002; United States Government, 1998.

この項目の "重要度" の点数に関係なく、アメリカ連邦政府機関の Web サイトは、508条ガイドラインの全てを遵守しなくてはなりません(このガイドラインの 3:1 参照)。

このページの先頭へ▲