このページの先頭です
ここから本文です

3:13 画面の明滅を避ける

ガイドライン

重要度:5点満点中の2点、実証度:5点満点中の1点2~55Hzの頻度で画面を明滅させないように Web ページをデザインする。

解説

てんかんを持つ人の5%は、感光性のてんかんで、一定の画面明滅頻度により発作を起こす可能性があります。最新のモニターのほとんどは、発作を誘発するとは考えにくいです。

ソース(実証となる調査研究)

United States Government, 1998.

この項目の "重要度" の点数に関係なく、アメリカ連邦政府機関の Web サイトは、508条ガイドラインの全てを遵守しなくてはなりません(このガイドラインの 3:1 参照)。

このページの先頭へ▲