このページの先頭です
ここから本文です

2:9 ヘルプ文書ではユーザーにも分かる用語を用いる

ガイドライン

重要度:5点満点中の3点、実証度:5点満点中の3点Web サイトの使い方を案内する際は、ユーザーにも分かる用語でサイトの構成要素および機能を説明する。

解説

多くの Web サイトの機能の呼び方および場合によってはその使い方に関しては、ユーザーの間でも様々なかたちで理解されています。ここでいう機能には、"パンくずリスト" 、 "テキストリンクをクリックした後の文字色の変化" 、 "HOMEページの左側あるいは右側にあるパネル部分" 、"多くの Web サイトの上部にあるナビゲーションのタブ" 、そして "検索機能" などが挙げられます。たとえば、ヘルプ情報のコンテンツで "パンくずリスト" という用語が使われているとしたら、その用語を知らないユーザーがその説明内容を理解できるように十分な状況説明を提供する必要があります。もし "ナビゲーション・バー" という用語を使うなら、それが何を指すのかを説明して下さい。たとえユーザーがその使い方を知っていたとしても、その呼び方はコンテンツ制作者が用いている用語と同じではない可能性があるからです。

ソース(実証となる調査研究)

Bailey, Koyani and Nall, 2000; Foley and Wallace, 1974; Furnas, et al., 1987; Scanlon and Schroeder, 2000.

このページの先頭へ▲