このページの先頭です
ここから本文です

2:5 一連のタスクを標準化する

ガイドライン

重要度:5点満点中の4点、実証度:5点満点中の5点似たような状況では、同じ連続および方法でユーザーがタスクを遂行できるようにする。

解説

ユーザーは、特定の一連のふるまいがきちんと繰り返されるときに、それを学習して最も効率よくタスクを遂行することができます。たとえば、ユーザーは補足情報をコンテンツの左側あるいは右側で見ることに慣れてきています。また、ユーザーは検索あるいは商品の購入プロセスにおけるステップにも慣れてきています。

ソース(実証となる調査研究)

Bovair, Kieras and Polson, 1990; Czaja and Sharit, 1997; Detweiler and Omanson, 1996; Foltz, et al., 1988; Kieras, 1997; Polson and Kieras, 1985; Polson, Bovair and Kieras, 1987; Polson, Muncher and Engelbeck, 1986; Smith, Bubb-Lewis and Suh, 2000; Sonderegger, et al., 1999; Ziegler, Hoppe and Fahnrich, 1986.

事例

写真:事例の Web ページ画面
拡大画像を見る

日付を選択するドロップダウン形式のメニューがそのサイト全体を通じて一貫していますが、他のページは全てカレンダーをそのページ上で表示しているのに対し、あるページだけは "ポップアップ" ウィンドウにカレンダーを表示しています。このようなことはユーザーを困惑させるので、コンテンツ制作者は避けるべきです。

このページの先頭へ▲