このページの先頭です
ここから本文です

2:4 印刷のオプションを提供する

ガイドライン

重要度:5点満点中の4点、実証度:5点満点中の2点ユーザーが1つの操作で印刷あるいは保存したいであろう Web ページ、文書、資料あるいはファイルがある場合は、印刷用あるいはダウンロード用のファイルへのリンクを提供する。

解説

多くのユーザーは、文書を印刷してから読むことを好みます。そのほうがユーザーにとってはより便利であり、印刷した紙にメモを書くこともできるからです。また、Web サイトのページは後になると削除されてしまうと考えたり、きっとそのページをもう一度見つけることはできないだろうと考えたりして、Web ページを印刷しておくというユーザーもいます。

ソース(実証となる調査研究)

Detweiler and Omanson, 1996; Levine, 1996; Lynch and Horton, 2002; Nielsen, 1997e.

事例

写真:事例の Web ページ画面
拡大画像を見る

“Print Friendly”(印刷用)というリンクをクリックすると、ユーザーがその文書の中で印刷したい部分を選択できる新しいウィンドウが開きます。これは、ユーザーが特定の部分だけに関心を持つことのある長い文書の場合に特に役に立ちます。

このページの先頭へ▲