このページの先頭です
ここから本文です

Webアクセシビリティとは?

2004年6月20日にWebコンテンツのアクセシビリティが、JIS(日本工業規格)化されました。"アクセシビリティ"というと、障害者への配慮だと考えている人が多いようです。もちろん間違いではありませんが、日本でアクセシビリティを考える場合には、それ以外にも高齢者層のユーザーへの配慮も考えなくてはなりません。2004年6月20日に公示されたJISの正式名称は、JIS X8341-3『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報機器における機器,ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ』となっています。

アクセシビリティの定義

"Webアクセシビリティ"とは、"Webを利用するすべての人が、年齢や身体的制約、利用環境等に関係なく、Webで提供されている情報に問題なくアクセスし、コンテンツや機能を利用できること"ということができます。そして、そのようなWebコンテンツを"アクセシブルなWeb"といったりします。

"アクセシビリティ"とよく似た言葉に、"ユニバーサルデザイン"、"バリアフリー"というのがあります。まず、"ユニバーサルデザイン"は、ゼロからモノを作る際に、最初から様々なユーザーが利用できるように設計してデザインしていくというアプローチを指します。そして、"バリアフリー"は、そういったことを全く考えずに作られたモノについて、後からユーザーにとっての様々なバリアを取り除いていくというアプローチを指すのです。これらが目指すものは"アクセシビリティ"であり、その基本的な考え方は同じであるといえるでしょう。Webコンテンツで例えるなら、新規サイトやリニューアルの企画・設計の段階でアクセシブルなWebサイトを構築しようとするのが"ユニバーサルデザイン"、既存サイトのアクセシビリティをリニューアルせずに可能な範囲で改善していくのが"バリアフリー"というふうに理解してください。

アクセシビリティとユーザビリティ

また、セミナーなどで「アクセシビリティとユーザビリティはどう違うのか?」という質問を受けることがよくあります。"ユーザビリティ"は"使いやすさ"、"分かりやすさ"という日本語で端的に表現されますが、"ユーザーがその目的を効率よく達成できるためのWebコンテンツの使いやすさや分かりやすさ"と説明することが出来ます。それに対して、"アクセシビリティ"は先にも述べたように、そもそもユーザーがそのWebコンテンツを使えるかどうかというレベルであり、アクセシビリティが確保されていないWebコンテンツでいくらユーザビリティに配慮されていても、ユーザーはそのWebコンテンツを使うことができないため意味がないわけです。つまり、まずアクセシビリティを確保してユーザーが使えることを保障し、その上でユーザビリティに配慮してユーザーにとっての使いやすさ、分かりやすさを向上させるというように考えるとよいでしょう。

イラスト:アクセシビリティとユーザビリティ関係図

いくらユーザビリティを考え尽くしたコンピュータがあっても、アクセシビリティが確保できなければ、特定のユーザーによっては電源コードが抜けたコンピュータのように無意味な箱になってしまう。

しかし、Webコンテンツにおいては、必ずしもアクセシビリティとユーザビリティとを明確に切り分けることができないのも事実です。実際に、JIS X8341-3:2004では、むしろユーザビリティ的要素の強い項目も盛り込まれています。大切なのは、アクセシビリティとユーザビリティを明確に切り分けることではなく、ユーザーにきちんと使ってもらえるWebコンテンツを目指すということでしょう。

イラスト:アクセシビリティとユーザビリティの関係図

アクセシビリティを実現する4つの要素

さて、Webアクセシビリティは、どうしてもWebコンテンツの運営者や制作者の責任のように語られることが多いのですが、決してそうではありません。Webアクセシビリティを実現するためには、以下の4つの要素がそれぞれ果たすべき役割というのがあると、インフォアクシアでは考えています。

  • Webコンテンツ
  • ユーザーエージェント(各種ブラウザ)
  • オーサリングツール(Webコンテンツ作成ソフト)
  • ユーザーのスキル

イラスト:アクセシビリティを実現する4つの要素の関係図

これら4つのうち、どれか一つでも欠けてしまうと本当の意味でのアクセシビリティはなかなか確保できないでしょう。例えば、いくらWebコンテンツがアクセシブルでもユーザーエージェントが正しくそのコンテンツをユーザーに提供できなければいけませんし、そもそもユーザーがパソコンやブラウザの使い方をある程度マスターしていなければ意味がありません。何でもかんでもWebコンテンツの運営者や制作者が果たさなければならないのではなく、Webコンテンツが果たすべき役割をきちんと果たすというように考えてください。インフォアクシアは、Webコンテンツに関わる皆さんをサポートするための情報やツール、サービスを提供していきます。

Webアクセシビリティ入門

このページの先頭へ▲